Implant Plan

  • ホーム
  • インプラント治療のメリット・デメリット

患者様とのコミュニケーションを大切にし、口腔外科や矯正治療などの専門医が丁寧に治療する「金山ファイン歯科・矯正歯科」は、名古屋鉄道・JR東海・名古屋市営地下鉄「金山駅」徒歩2分の通院しやすい歯医者です。近年、人気となっているインプラント治療のメリットやデメリットをわかりやすくご紹介します。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療の魅力
(メリット)

インプラント治療の魅力(メリット)

インプラント治療は、スクリュー状のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入し、その上に人工歯を装着する治療方法です。入れ歯やブリッジとは異なり、自費診療となりますので治療費は高額になりますが、それでも審美面や耐久性の良さから多くの患者さんに選ばれています。

  • 天然の歯と見分けがつかないほどの自然な見た目
  • 入れ歯やブリッジなどの補綴治療と比べて、良く咬める
  • 左右でバランス良く咬める
  • 硬い食べ物の歯ごたえもしっかり感じることができる
  • 取り外して手入れする必要がない
  • 顎の骨が痩せる心配がない
  • 周囲の歯への負担を軽減できる
  • 周囲の歯の寿命が延びる
  • 審美的にも優れ、歯がコンプレックスにならない
  • 発音が改善できる

インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

多くのメリットがあるインプラント治療ですが、デメリットもあります。メリットとデメリットを踏まえて、インプラント治療を行うか、しっかりと検討しましょう。

保険が効かない 手術が必要になる
インプラント治療は保険の適用がなく、保険適用となる入れ歯やブリッジと比較すると費用が高額になります。支払い方法によっては、一度に支払う金額を減らすことが可能ですが、費用面での負担は小さくありません。当院では、カウンセリングの際に費用や支払い方法についてもくわしくご説明しておりますが、十分に検討いただいてからご判断ください。 手術が必要になる インプラント治療では、顎の骨へのインプラント体の埋入が必要になりますので、麻酔を使った外科手術を行います。麻酔によって痛みを感じることなく治療を受けていただけますが、治癒するまで体への負担はゼロにはなりません。そのため、重度の全身疾患がある患者様については、負担の大きさを考えて治療をお断りせざるを得ない場合もございます。
治療期間がブリッジなどに比べ長い 術後はメインテナンスが必要になる
患者様の口腔内の状況によって異なりますが、埋入したインプラント体と顎の骨の結合までに時間がかかるため、一般的に4か月から6か月程度の治療期間を要します。 術後はメインテナンスが必要になる インプラントそのものが虫歯になることはありませんが、歯茎の健康はメインテナンス次第となります。ブラッシングなどの日々のケアを怠ると、インプラント周囲炎と呼ばれる歯周病に似た症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。当院では、定期検診でプロの目によるチェックとケアを受けていただくようにおすすめしています。インプラント周辺だけでなく、口腔内や全身の健康のためにも、ぜひ定期検診を受診しましょう。

「金山ファイン歯科・矯正歯科」では、インプラントの優れた技術を持つ専門医が丁寧にカウンセリング・治療を行っています。名古屋市金山でインプラント治療をご検討なら、まずはお気軽にご相談ください。

WEB診療予約
【カウンセリングは無料】

無料カウンセリング
初めての方はこちら

治療中の方はこちら